それぞれのインターネットの違い

新生活が始まり、一人暮らしをするときに水道や電気、ガスなどのインフラと同じようにインターネット回線を契約したいと思っていますね。

インターネット回線は基本2年契約で途中解約をしてしまうと高い違約金を払わなくてはなりません。

また、通信費は月々かかるコストなので後悔しない選び方をご紹介します。

ぜひご参考にしてくださいね。

 

インターネットは大きくわけて5種類ありますが主に自宅でしか使わない人は光回線がおすすめで、外でも使いたい倍はPocketWiFiなどのモバイルルーターと呼ばれるものがおすすめです。

光回線がおすすめの理由としては、通信制限がないのでずっと見ていても速度が遅くなりません。安定しているということです。また住まいによってははじめから使えるケースも増えてきてるので選択肢として光回線を選ぶ人もいるでしょう。

しかしデメリットももちろん有ります。それは工事が必要なことです。そしてこの工事をするのにマンションだと2週間、一軒家だと1ヶ月程度を要するので時間がかかることもデメリットです。あとはマンションタイプだと特にそうなのですが、一つの装置を住民みんなでわけあって使っているのでみんなが使う時間はとても遅くなります。そしてスマホとかと同様2年縛りが存在するのですぐに引っ越しなどが控えている場合はオススメできません。

モバイル回線は対応エリアであれば、自宅でも利用でき、工事が必要ないのでスグ使うことができます。

最近とくに一人暮らしの人は、固定回線を引かずテザリングやモバイルルーターで済ませる人が増えています。

参考外部サイト:一人暮らしのインターネット契約で知っておくべき3つの事

 

元のスピードに戻すのに追加料金を支払う必要があります。

デメリットとしては、固定回線に比べ、速度が環境(時間や場所)によってバラツキがあり速度が不安定です。

また、月間に7GBや3日間で1GBの通信量を利用すると、動画や地図アプリなどをみることが困難なくらいスピードダウンしてしまう通信制限がかかります。